Gジャンを秋らしく着こなしする!色選びと着合わせのコツ

Gジャンには何を合わせるのが正解!?インナー・ボトムス選びが重要

Gジャンは、春と秋に外せないアイテムですが、秋らしく着こなすには、合わせるアイテム選びが重要です。

インナーを秋素材にする等、レイヤードを工夫すると、着こなしの幅もグッと広がります。

 

どんなスタイルにも合わせられる万能なGジャンですが、今年特に相性の良いアイテムを幾つか紹介したいと思います。

落ち着いた色味で薄手のニット

グレーや黒など、秋らしい落ちついた色味なら薄手のニットなんでも良いと思います。

去年から引き続き人気のケーブルニットも良いですね。

引き算をうまく使ったニットコーデで大人の余裕感を醸し出す

 

コーディネート例

ニットの色は、黒、グレー、茶、ワインレッド等の秋色ニットがおすすめです。

 

クルーネックニットの下に、白のシャツを合わせて襟を出さずに、少し覗かせる程度に見せます。

ボトムスは黒パンツかチノパンが似合うと思いますが、デニムを合わせて、デニムオンデニムに挑戦してみるのもおすすめです。

スウェット素材を合わせる

スウェットパーカーはもちろん合いますし、スウェットパンツも今年流行のゆったりコーデになり、トレンド感が出ると思います。

スウェットパンツを選ぶ時の注意点はシルエットが太めの物だと、家着感が強いのでタイトなスリムタイプを選ぶのが正解。

 

コーディネート例

スウェットパンツのコーディネートにも白シャツが使えます。

中に白シャツのボタンを一番上まで留めて着るだけで、グレーのスウェットパンツとGジャンのゆるさがピリッと引き締まります。

 

足元は白いスニーカーを合わせると、ゆるカジュアルの完成です。

相性抜群の黒のパンツ

黒パンツはGジャンとの相性が最高で、あらゆる形とマッチし、モード感も出せるのでおすすめアイテムです。

黒パンツですが、これは定番のスキニーでも、トレンドの太パンツでもどちらでもしっくりくると思います。

 

コーディネート例

インナーにロックテイストのロンTや前述した薄手のニットやスウェットパーカーなんかと合わせるとカッコイイですよ。

中を黒いニットにし、黒スニーカーを合わせたオールブラックコーデにGジャンを合わせると、モードっぽく着こなせるので今年はおすすめです。

関連記事


Pick up!